成績は上がると信じ勉強を続けた

生徒の声

※毎年指導の改善に取り組んでいるため、現在の指導と異なることがあります。

僕は中学校2年生になったばかりの時にこの塾に入りました。中2〜中3までずっと勉強が嫌で逃げてきました。それでも自分からすすんでやる勉強は楽しいということをこの塾から学びました。しかしそれに気付いたのは中3の受験直前ということもあり高校受験は失敗に終わりました。

そして高校1年の3月のコロナでの自粛生活で自分を見つめ直し、自分からすすんで勉強をやる事を実行に移しました。しかし元々勉強が苦手な僕は高校2年生の間は一向に成績がのびませんでした。高2の冬の模試では神戸学院のD判定以外すべてE判定偏差値は44.1とダメダメでした。

しかし前を向いて成績は上がると信じ勉強を継続しました。そのおかげで高3からは着実に成績は伸びましたが最後の最後まで志望校の判定はEでした。そして11月、12月の近大公募の入試結果は不合格でした。一定期間は落ち込み、勉強したくないとも思いましたが、気持ちを切り替え年末年始と勉強にはげみリベンジで近畿大学、そしてチャレンジ校の関西大学にも合格しました。

この合格は支えてくれた両親、友達、そして塾の先生のおかげでもあります。最後になりますが本当にありがとうございました。

神戸野田校等学校卒業生 U. T.くん

タイトルとURLをコピーしました