子どものためのはずが・・・

あるサッカー仲間Nさんが高校サッカー部時代の話をしてくれました。練習メニューを自分たちで考えるなど、部員みんなが向上心を持って自主的に取り組み、本当に楽しかったそうです。ただ、ある一点を除いては。

それは監督が口うるさかったことでした。時折練習を見に来てはああしろこうしろとうるさかったそうです。色々言われるのが本当に嫌だったと言っていました。

そんなNさんには中学1年生になる息子Tくんがいます。彼が小学生の頃には私も何度か一緒にサッカーをしたことがあります。とても上手でいつも楽しそうにプレイしていました。

ある日、Nさんに最近Tくんをサッカーに連れてこないがどうしているのかと尋ねました。すると「あいつはサッカー辞めた。」とのことでした。

驚きでした。あれほどサッカー好きだったTくんが辞めるとは。何があったのかを尋ねると、「俺が過干渉やったんですわ。」と。そして事の経緯を話してくれました。

もっとサッカーが上手くなって欲しい、もっと楽しんで欲しい。Nさんはそう思っていたそうです。しかし、その思いからとった行動がいつの間にかTくんを苦しめていたそうです。

Nさんはことあるごとに、Tくんのプレイに対して、もっとこうしたほうがいい、なんでこれができないんだと技術指導をしていました。以前のTくんはお父さんの言葉を素直に聞き、やってみようとしていたそうです。ところが、だんだんとつまらなさそうにするようになっていったそうです。

するとNさんはTくんのやる気のなさが気になりました。そして自主的に取り組んだ自身の高校時代の経験から、Tくんに自主的にやること、向上心を持つことを求めました。「もっと自分からやろうとせな上手くなれへんぞ。」「もっと上手くなりたいと思わへんのか?」Tくんを鼓舞しようと幾度となく言葉をかけたそうです。

しかし、Tくんが変わることはありませんでした。そしてあるとき、業を煮やしたNさんが言いました。「そんなにやる気がないんやったらもうサッカー辞めてもええねんで!」するとTくんは「じゃあ辞める。」とあっさり即答したそうです。それ以来Tくんはゲーム漬けの毎日を送っているそうです。

この事例から二つのことを感じました。

一つ目は自分を客観的に見ることの難しさです。人は時として、されて嫌だったことを自分がしていることに気づかないでいることがあります。Nさんは高校時代に監督に口うるさく言われることが嫌だったと言っていました。それなのに、自身の子どもに対してその監督と同じことをしていたことに気づかなかったのです。

二つ目は過干渉の恐ろしさです。私の覚えているTくんはいつも本当に楽しそうでした。自由に動き、ドリブルをしたり、シュートを決めたり、嬉しそうにプレイしていました。そんなTくんが過剰に干渉されることで大好きなサッカーを辞めてもいいとさえ思うようになってしまったのです。

過干渉についてNさんはこうも言っていました。「Tのためやと思ってやってたけど、たぶん俺のためにやってたんやろね。」Nさんの自戒の気持ちがズシンと伝わってきました。

NさんとTくんのことは他人事ではないと思います。生徒を指導するにあたって肝に銘じておこうと思いました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。