覚えられない者はガムをも掴む?

授業が終わり、教室を掃除していたときの出来事です。ゴミ箱から出てきたガムの空箱に、興味深い売り文句が書いていました。

「記憶力を維持する」

何じゃこれ?と思いつつ、このガムを噛んでいた生徒の気持ちを推測してみました。
「このガムを噛みながら勉強したら、いつもより単語を覚えられるだろう。」
「今日覚えた単語は、いつもみたいにすぐ忘れてしまうことはないだろう。」

しかし、箱をよく見ると、こんな文字が!

「中高年向け」

生徒よ、君がこのガムを噛むのは早すぎだ。

もしや「中高生向け」と見間違えたのでは、、、(笑)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

押し付けた目標の先に

次の記事

短絡行動は、短絡行動から