使い方は自分で決めよう

初めての授業を楽しみにしてくれていたらしい小学生のSちゃん。早速、こんな質問がありました。「ノートはどう使ったら良いですか?」

おそらく、学校でノートの使い方について色々と指示があるのでしょう。そのためか、生徒にはいろいろなノートの使い方ルールがあります。ノート1ページを縦に半分に折って2列に使う、縦線を引いてページ番号や問題番号を書く領域と問題を解く領域を分ける、目的別に前からと後ろから使う、国語ではノートを横向きに使うなどです。

そこで、今日はSちゃんが気にしていたことの一つ、式を書くか書かないかについて一緒に考えました。

私:   「式を書くとどんな良いことがありますか?」
Sちゃん:「間違えた時、どこで間違えたのか見つけやすい。」
私:   「式を書かないとどんな良いことがありますか?」
Sちゃん:「つめていっぱい書けるから、ノートが減りにくい。」
私:   「Sちゃんはどうしますか?」
Sちゃん:「式を書く!」

自分で決めることがちょっとした驚きだったようです。ルールだからと言ってただただ人に従うのではなく、どうするのが良いのだろうかと考え、自分で行動を決められるようになって欲しいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。