公立高校一般入試を終えて

「悔しいのは悔しいけど、やり切った感じがするから、大丈夫です。◯◯高校で頑張ります!」

今年は1名だけ第2志望での合格となりました。そんな彼の言葉です。

今年は、ほとんどの塾生が2月入試で合格していたので、例年に比べて随分静かな発表日でした。私どもの緊張も例年と比べると小さいかなぁと思っていましたが、嬉しい報告にホッとすることで、やはり緊張は小さくなかったことに気づきます。

冒頭の彼は、中3の2学期が少し経ってからこの塾に来始めました。それまでの勉強スタイルが合わず、模索の最中でした。彼は受験に対して相当なプレッシャーを感じているように思いました。プレッシャーの強さで、本来の自分を見失っているようにも思いました。

ようやく勉強方法が見えて来て、いい顔で勉強できるようになってきた頃、心を痛める出来事が重なりました。お身内のご不幸や大病。彼にとっては試練の半年だったと思います。投げ出す理由がいくらでも見つけられる中、それでも彼は自分のやることに向き合いました。

すがすがしく発せられた彼の言葉は、本当に精一杯頑張ったからこそ、自然と出てくる一言なのだと思いました。そして、彼はもうすでにこれからのことを前向きに考えているようでした。

人生に絶対はありません。いくら精一杯やっても報われないことはいくらでもあります。そんなとき、変えられない結果にくよくよ悩むのではなく、これからどうするのかにさっと視点を変えられる人が本当に成熟した人だと思います。彼はこの試練を乗り越えて、一回りも二回りも成長したように感じました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

目的にはまっすぐ

次の記事

暗黙のメッセージ